庶民の微分力

歴史的会談としてシンガポール合意がなされたようであり、詳細は判明していないが危機にたいして備えがどうなるとか、変わっていくとか取り沙汰されている。記者会見が行われても、要は両首脳のキャラクター交じりで分析がなされるんだろう。こうした場面で学問のある人は、隅のすみまで微細に判断したがる。でも例えば義父だった人なんかは案外鋭く両者のキャラや力量を読みといて、結構当たらず遠からずな事を口にする。それは世界的規模の人も昨日あった客や庶民も何ら変わらない行動をとるものだというスケールで二者関係を捉えうる力があるからだ。どっちが勝ちどっちがへこたれなかっかった。実質表面を一つのピンで射止める才覚がある。またそれしかない。物事を頭でっかちは微分法でできるだけ近似値を得ようとするが其よりも早く素早く事柄の本質を見抜く。それは最初からこの人と自分とがあったらどうなるだろと詰めて考えているからなんだろ。背伸びしない、等身大に大統領とか首脳を思えるのだろう。うらやましい。安倍首相の一連の件にしても、知識人はとんでもない人格とそしる。しかし彼らは友人に便宜計ったのはいかがかと思いつつも、金でないコネなんて世間一般どこにでも転がってるケースだと思ってる。別の面で評価できればその程度とはまぁありかなとも思う。そうした庶民意識、本筋捉え方法は先の大戦で大失敗をしたのだろう。しかしそんなことはなんのモノカワ同じ過ちでも自分の人間把握術は捨て去らない。そしてその人なりの真相への微分法は答えが粗雑でも概ね中っているものなのだ。そうした庶民に日本は支えられている。学問のある人など非力な凡庸な人なのであるというのは正しいのである。

モノには微妙な言いまわしというのがあって

亡くなった義父というのはこちらかすると元々は他人であるから、自分の親父に対するのと違って客観的、感情を入れないで見ることになる。それだけに見えてくる箇所がある。士ではない商売人だった。製造業ではあったが、人との交渉が巧みな印象を受けた。実に他人をよく見ていた。(晩年○○秘帳というその自己史の経済経験、をプライベートで本にした。ソレは誰も入手できない。)その経験からいうと、家族には甘かった。准家族だというので私にも甘かったかもしれないが、ソレは娘が嫁に取られてるからで本来なら違っただろう。そうした生前の触れ合いの中で今にして思うのは、実は自分の立場が弱いときのモノの言い方である。そういう時もなぜか余裕がある話し方をする。決して最後の自分の本当に弱いところは見せない、隠す。その時の喋りは、全くあなたの言うとおりです、結論として異議はございません。と、相手が要求してる理由云々に触れず、直ちに結論妥結に、しかも緩やかに持っていく。大抵他人というのは理由がこれこれなので結論としてこう持っていこうと思います、つきましては反論があればソレをお出しください、お出し頂けば当方も考えます、などの甘言の思想体系でくるが、こちらからお望みの証拠は出しかねますが、結論はそれで結構です、とあっさり処す。何らの証拠も残さない。その一例にもなるような、ま細やかな事が起きたので、今回それで行くことにする。

どこの国と戦うのか

ここに来て今一、日本の将来の展望が見透しずらくなっている。振り返ると我々は中国から叩き出されアメリカから介抱されながら、結局なんだかんだの敵国は北朝鮮であって、そこから拉致云々も含めそのくにと闘って来たのだ。

経済的には中国だったんだろうが、軍事的には北朝鮮だった。その国がこれからは安眠妨害をしないと一方的宣言をした。結構な事である。戦争を知らない世代としては一体現代戦とはどんなもんか見てみたかった気も沸くが、多くの犠牲者(自分もその一部ともなりかねない)を発生させてまでやるべきことではないのは勿論である。しかし日本政府は平和が一番ですな、などと呑気な顔をせず、渋い顔でまた騙されるな、と警告を発してる。安倍さんはトラちゃんしっかりしてとネジ巻きクロニクルにアメリカに行くらしい。愚兄賢弟をヂやろうとしている。大きなお世話かしらんがそれにしても日本だけがそうなったら欺かれる訳でも無かろうが、過敏症に対応してるのもなんかおかしい。どっちに転んでも何らかの締め付けが効果を最大値発揮し、北朝鮮が国家存亡の危機に直面してるのは間違いない。アメリカは本当に追込み過ぎて自殺的なテロが起こる事を一番恐れてる。本当にあの人たちは考えられん事をする集団、そして知恵的なモノを備えてるが、今一つワカランのはキュウソネコカミ現象が案外起きるかもしれない。いや北朝鮮最後の切り札としてトラちゃんの猥褻ビデオをネット空間から取得したかも知れず、それでまぁそれを表に出されるとノーベル賞もぶっ飛ぶので、その点はナーナーにしようやというようでもあり、北朝鮮は施設として最早軍事行動ができる女魔浮世舞う状態でそれが真相かもしれず、まぁいくつもの点で逆風安倍が吹いてる。結局日本としては北朝鮮は元気なのがどこかの宗教トップとおんなじで、それが病人では困るのである。しかもひょっとしたらがん細胞が自分ががんのくせに見つかったかもしれず、早く解決してがん研有明病院に入りたいのかもしれない。中国の古史は若年の王位者が出るとその国は危ないとか言うのが多いがなんか楽しみなというか、開けてみたら真実はこうだったのかがボコボコする状態で東アジア史は進んでるんだ、そう考えるやはり楽しい歴史であり、配役もよくて、ここ6月の残りは毎日毎日が緊張感の連続何だろ。ワールドカップもぶっ飛ぶかもね〜

 

 

仮想通過としての我らの未来

その頃には私たちの衣服の素材のうえには自動的に値段が経常されている。例えば50、これはその人か最近書いた面白くないし小説の値段もあるし、旅行客にはこの金額でガイドできます‼️あるいはガイド本あなたにインストールできますとかの料金である。細かいことは瞬時に決済される。普通に仲間だちになる必要もない。ある欲望の決済が速やかに貫徹する。昼時になるとみんな何らかの意味で他人の役に立ちたがる。美味しい店紹介30、それでなくともお店そのものが貴方の嗜好(これはみんなあるところに登録済み)にあわせてベストチョイスを胸の板に送ってくるそのなかで980のハンバーグランチを注文すると、ご来店二分前と出てくる。決済は終わってる。ただしこれには価格10パーセントの範囲で異議権が認められていて、それが第三者査定で通ると減額できるが、二度とその店からの勧誘はこないだろ。段々そういう嗜好と対価の仮想通貨での決済の時期が見かずいている。最大の特徴は自分の全ての欲望が赤裸々に盤面にのせられところかな。

モミジしだく、紅葉だく、揉みしだく

戯れにあの紅葉の葉の大スケールでの展開が広がるある山の中を考えてみよう。ぼくらはそこにしかいない。美しいのは勿論だ。山の中でせきとして鳥の声しか聞こえてこない。ぼくらは嬉しくなるんだけど、それがどういう原因なのかは本当には分からない。落葉が少ししか色褪せずに残り、木の上の所より地上を幾層にも重ね埋める。深さの尺度がきかず、踏み込むのが怖いなと思う程度になってる。でもこの木葉に溺れる感覚はどうして水中なんかより新鮮なのだろうか。私はその大柄紅葉を軽く胸に当て、少しだけ沈む感覚を遊ぶ。それは山の中の紅葉、布団感覚、そんな中、一枚一番綺麗で他と同様に落ちたとはいえ、立派なのを見つける。その葉を胸に当ててぐるぐると回す。それは決して揉みしだくではないけど言葉が似ている分自分の胸板を自分に付属してくれる。寂しい感情なのもしれない。こんなとこに来たのは全てを期待してのものでもないけど夕日の紅葉はみたかった。辺りに誰もいない。これ以上変な格好で見つかりたくない。しかしこういうことを日本の古代人はしていた気がする。辺り暗くなり急いでエンジンを入れ、下界の戻る。

震災以後日本は変わっちゃったね論

2011/03/11以来日本人の心性は変わったのかもしれない。その後に安倍政権が誕生して、ただただ防衛してては日本は保たないという風潮が流れた。お笑いブームが来た。天皇が辞めたいとオっシャっタ。まとめ役はいなくなりまとめたいと誰もが言わなくなった。格差は付随的なものかもしれないが誰も他人に同情しなくなった。自分の美しさを追い求めている。力あるものが結局勝って当たり前だよとなった。天変地異が来たとき何かしら対処の方法があったのかな。ボランティアとか自衛隊が活躍したときの褒め方を忘れたのかな。東電はもっと下から謝罪すべきだったのかな。原発は潔くヤメヨウト決めるべきだったのかなと。確かなことは日本人にあの震災は確実に痛手をもたらした。その精神的打撃を治癒する方法が見いだせない。再生が全て嘘くさく誤魔化しのように見えて日本が蘇生していない。それ程の打撃、誰がリーダーなら解決できるのだろうか。

人界魔境の北海道のある地方

右折してからの少しの時間は多分来た距離よりは奥まったとこから抜け出すのだから来た時間より所要時間は要するのではないかという程度の感想しか持ち合わせなかった。僕はその部分を別のSNSでは魔境ではなくては夢幻郷に入ったと書いているが、気持ちは少し冒険家的なしかも車で護られて突き抜けてく快感も併せ持ったそういったいわば楽しく遊びたい気持ちだった。今だからこそ或いはあのエリアは本当は何かをもっと考えた方が良いエリア(それも当たってないかもしれないがという先落ちまであり得るんだが、と思う程度で深い理解には達してない。そもそも今からそこに誰かと出かけてって、多分僕の読み筋をその人に教えたとしても、きっとその人はポカンとしてあるいはそうかも知れないね、でも完全な事は言えないね、と釘を刺しかねない、そういった想いの危うさが伴う確信なのである。そうそれは確信なのだ僕にとっては。あんまりそういう事にはなれてないけど、多分誰かがよく見つけたなと言ってくれる可能性がある、それを言われたら大袈裟に言えばそうだよねそうだよなと手を取り合って喜びだしかねない、何か幻視がやはり人を引きつける根本の衝動を持った事だと確信さすなにかなのだ。仮に僕だけの発見でないにしても、そうした得て勝手な想像は人を喜ばせるものではないだろうか。でも本件発見ささやかな幻視だと思う。証拠なんてなくていい。証拠なんてなくても幻視したことは現実だったんだ。